リフォームは打ち合わせの繰り返し。でもそれが大事!

リフォームを開始してからリフォームの平和台で評判のリフォームの会社と何度打ち合わせをしたかというくらいしました。
こんなに毎週時間が取られてしまい、子供も小さかったので遊びに連れていけなくて申し訳なかったなと思うくらいでした。
そして工事が始まり、設計さんとの打ち合わせはめっきり減りました。
現場の工事担当の方とも打ち合わせに変わりました。
そして今まで設計さんと打ち合わせしてきた家が少しずつできてきましたが、いろいろなところがリフォームで変わっていくことで見えてくることもあり、設計図だけでは気づかなかったことが出てきました。玄関が思ったよりも暗かったり、リビングが前よりも暑かったり、工事をしてみて分かり、窓を増やしたり、換気扇を入れることにしたり、間取りを変えたりもしました。
工事が始まって、ちょくちょく見に行っていたので、変更したほうが良いところを見つけることができましたが、あまり工事の進行状況を見に行っていなかったら、完成してからこんなはずじゃなかったと思うことがあったのではないかと思います。
工事が始まってからこそ、よく家を見に行って、現場監督さんと打ち合わせをするべきだと思いました。どちらかというと設計さんが工事中も話を聞いてくれたら良かったのにと思っていますが、どこの会社も設計が終わって工事は始まったら、設計さんは新しいお客さんにつきっきりになってしまうんだろうなと思いました。