リフォームは築年数10の倍数を目処に行う?

「後からリフォームで自分好みの家にすればいいやー」と思って、平和台に注文住宅で家を建てた際にも色々と妥協したのですか、実際に住んでみると案外気に入ってしまうものです。というか、細かいところは気にならなくなっているのですよね。

注文住宅で家を建てる際の設計段階では、「ここは造作家具でいきたい」「でもお金がないので諦めるかー」といったように、主に「金銭面」にていくつか妥協をしていたのです。住宅設備に関しても、金銭的な問題にて、妥協をしてメーカーを変えたり、当初希望していたスペックから下げたものを入れたりもしたのですが、しかし「これはこれで」と案外気に入っているのですよね。

ですから築5年以上が経過したわが家ですが、未だにリフォームはしないままです。というよりもむしろ、リフォームは後5年ぐらい経過したらまとめて行おうと思っています。周囲の人たちより「リフォームは築年数10の倍数を目処に行う」という意見も聞きましたので、そこをひとつの参考にしています。そしてその際には、新築当時は実現できなかった造作家具なども作ってもらおうと考えています。